So-net無料ブログ作成

ベレーンを見ずにブラジルを知っていると言うなかれ [ブラジル見てある記]

距離的に見て、ブラジルは日本から一番遠い国のようです。
ちなみに成田空港からロスアンゼルスまでの飛行時間は約10時間程度ですが、これがブラジル行きになるとなんと20数時間と倍近くかかってしまいます。
ブラジルへのフライトは、ヨーロッパ経由を別とすればほとんどがロスアンゼルス経由のようで、東京からロスまで10時間、それからリオデジャネイロまで10数時間で合計20数時間となるわけですが、時間がかかり、距離が増大するにつれて航空運賃も比例的に増加するため、米国あたりへは「ちょっとアメリカまで」と気軽に旅行する日本人は多いけど、「ちょっとブラジルまで」と言ってこちらまで来る日本人は極端に少なく、そんなことを友人や家族に言ったら、

「えっ、あんなところに何をしに行くのォ?」とまず最初に聞かれ、
次に
「ワニやピラニアに気をつけてね...」
とまるで未開地に行くように気の毒がられるかもしれません[たらーっ(汗)]

参考までに、ワニはパンタナール(ブラジル中央部の大湿地地帯)などでしか見られないし、魚のピラニアはアマゾンあたりの川で水浴しても普通の人間は噛みつかれることはないそうです[あせあせ(飛び散る汗)]

それよりも気をつけなければいけないのは、夜の歓楽街でみかけるピラニア(この場合は娼婦のこと)です。男性諸氏は油断や隙からお金をぼられたり財布を取られたりしないように。また、観光地によっては残念なことに未成年の少女がいるところもあるので、こんな未成年とコトをして警察に捕まったらブタ箱(刑務所)に入れられます[たらーっ(汗)] へんな夜のアドベンチャーはつつしんだ方が身のためです(゜ー゜)(。_。)ウンウン

まあ、これは冗談半分忠告半分として、2016年にはリオデジャネイロでオリンピックがあるので、多くの日本人がオリンピック見物&観光に来ると予想をしています。ひょっとしたら、ブログで知り合ったフレンドの方などとも会える機会があるかも?
ワニ&ピラニアは大げさすぎるとして、ブラジル観光に来られる方は、そのほとんどがリオデジャネイロ市→イグアスーの滝→サンパウロ市の三ヶ所だけを観て帰る人が多いようです。
たしかにリオデジャネイロは世界三大美港の一つであるし、イグアスーの滝はかのルーズベルト大統領夫人が”ナイアガラよりも素晴らしい”と賞賛したように一見に値する素晴らしい世界最大の滝ですし、サンパウロは... (たいして観るところないようですけど、まあいいでしょう)東京並みの大都会だし、それなりにこの観光コースは見所をしっかり見れるのですけど、せっかく地球を半周、20数時間エコノミークラスのせまいシートにおしりを押し込んでブラジルまで来たのなら、あと3時間半ほどまたエコノミークラス・シートで我慢して、北の都「ベレーン」まで行かれることを私は大いにお勧めします。

      ベレーン市  ヒルトン・ホテル前の大通りを下ると有名な観光スポットドッカスに
      ベレーン.jpg

Lobyに言わせると、”ベレーンにを見ないでブラジルを知っていると言うなかれ”です。

エスタソン・ダス・ドッカス(Estação das Docas)

パラー州の州都であるベレーンは、その昔、ゴムの黄金時代[ぴかぴか(新しい)]だったころにたいへん栄えた都です。
ベレーンの市立劇場”テアトロ・ダパース(Teatro da Paz)”は、そのゴム黄金時代であった17世紀後半に建設されたもので、イタリア、ミラノのスカラ座劇場をモデルとして設計されたそうですが、資材、内装などほとんどがヨーロッパから輸入されたものを使っており、その豪華さは目を見張るほどです。また、当時はヨーロッパから一流のアーチストやシンガーを招待し、夜な夜な華麗なショーが繰りひりげられていたとか...
             
        ベレーンの市立劇場 Teatro da Paz
ベレーンの市立劇場.jpg

ベレーンの市立劇場内部.jpg

Lobyは仕事でベレーンに数回行ったことがありますが、Lobyにとっての「ベレーン観光スポットNo1」は、通常ドッカス(Docas)と呼ばれる、エスタソン・ドッカスです。


エスタソン・ダス・ドッカス(Estação das Docas)

エスタソンドッカス.jpg

エスタソンドッカス1.jpg

エスタソンドッカス2.jpg


ドッカスは、これもベレーン名所のひとつである、「ベル・オ・ペーソ市場(Mercado Ver o Peso)」のすぐとなりですが、名前も見てもわかるように、観光スポットになる前はパラー川べりの倉庫だったものを改修して郷土料理、イタリア料理、日本料理などのレストランやお土産品店などが長さ500メートルもあるドッカスの建物の中にあります。
ドッカスの建物の中は快適にクーラーが利いているので、日中の暑い時に行っても大丈夫ですが、やはり一番よい時間は夕方から夜にかけてでしょう。
この時間になると、仕事を終えた人たちや、日中はホテルにとじこもっていた観光客などが夕涼みをかねてドッカスへやって来るからです(つまり、美男美女に会える確立も増えるということですね[わーい(嬉しい顔)])。
         

ドッカスでのLobyのお勧め

[1] パラー産フルーツを使ったアイスクリーム店[るんるん] クプアスー、バクリー、アサイーなどの熱帯フルーツ入りのアイスクリームは大好評です。
[2] 地元ビール「CERPA」の生を飲めるビアガーデン[るんるん]
                                        
[3] 郷土料理レストランで食べる「パット・ノ・ツクピー(Pato no Tucupi)」で、アヒルとジャンブーという野菜をツクピー・ソース(タピオカからとれる汁)で煮込んだもの。完全にヤミツキになる料理です[るんるん]

            ヤミツキになるベレーンのアヒル料理、パット・ノ・ツクピー
          pato-no-tucupi.jpg

                      ドッカスの中
ドッカス内部.gif         


          Lobyに言わせればブラジルでもっともうまいビールの一つであるCERPA
セルパ.jpg

                ドッカスにあるビアガーデン
         ドッカスビアガーデン.jpeg

夜になるとドッカスの建物の中を、昔の移動式クレーンを利用したゴンドラに乗った音楽バンド[るんるん]が生の演奏を聴かせてくれるのも楽しみの一つです。
でも、クーラーも生演奏もないけど、ドッカスでのもっともベリーグーな楽しみ方は、夕方から夜にかけてパラー川から吹き寄せる涼風を感じながら、岸辺のチェアにすわり「パット・ノ・ツクピー」を肴に思いっきり冷えたCERPAビール[ビール]を飲みことだと思います。当然、「パット・ノ・ツクピー」をお皿に分ける時には、忘れずにピメンタ・デ・シェイロ(Pimenta de Cheiro)-”香ばしい唐辛子”とよばれるペッパーソースをたらさなければいけません。

           ピメンタ・デ・シェイロ
pimenta-de-cheiro.jpg  pimenta_cheiro.jpg        

これが「パット・ノ・ツクピー」料理を食べるときのしきたりなのです[たらーっ(汗)]
香ばしいアヒルの肉とツクピー・ソースの旨味。それにジャンブーで痺れ、ピメンタ・デ・シェイロでひりひりする口の中と舌... これらの作用をCERPAビールで中和しながら食べ続け、飲み続けるのです。
あ、もちろんお友達との会話も楽しくつづけましょう。 これぞ生きることの醍醐味です!




リオデジャネイロあたりの荒廃した古い建物とは比較にならないほどよく保存されているベレーンの旧市街の建物。このように立派な建物は官庁です(だからよく保存されている?)

       ベレーン旧市街.jpg

             同じく官庁の建物
      ベレーン旧市街3.jpg


               海軍の建物?
     ベレーン旧市街5.jpg

               商店が並んでいる通り
      ベレーン旧市街2.jpg


          ベル・オ・ペーゾ市場あたりから見た旧市街
      ベレーン旧市街4.jpg



    植民地時代にベレーンの港を侵略者の攻撃から守るために作られたプレゼピオ要塞。 侵略者といっても海賊などではなく、フランスやオランダなどからの侵略です。 ところによっては、ポルトガル軍が努力して追い出すまで数年間も外国軍に占領された町もあります。強いものが弱いものを武力で威圧し、利益を享受するという方式は昔も今も変わっていませんね...
     プレゼピオ要塞1.jpg
    
              要塞に並んでいる大砲
    プレゼピオ要塞.jpg

            要塞から見えるベル・オ・ペーゾ市場
    プレゼピオ要塞から見たベルオペゾ.jpg

            ベル・オ・ペーゾ市場の方に向けられた大砲
    プレゼピオ要塞の大砲.jpg

あしあと(16)  コメント(21)  トラックバック(0) 

あしあと 16

コメント 21

enosan

アメリカ、カナダは行ったことがありますがブラジルまで到底私には行くことの出来ない遠い國だと思っています。でも興味は旺盛なんですが。
by enosan (2009-10-16 13:10) 

Loby

enosan
ご訪問&コメントありがとうございます。
そうでしょうね。。。
ご存知のようにブラジルは海外最大の日系人人口を
もつ国なので、その意味ではたいへん日本に近いの
ですが、いざ旅行となると遠すぎるのですよね(^-^;
by Loby (2009-10-16 21:46) 

モッズパンツ

ベレーンという街は古都なのですね。何となく函館に似ているような気がしました。w (^ω^)b
函館も五稜郭や函館山麓に明治期の建物、函館山に砲台などが残っております。w (´∀`)ノ

(^ー^)ノシ
by モッズパンツ (2009-10-16 21:53) 

Loby

モッズパンツさん
ご訪問&コメントありがとうございます。
私は函館には行ったことはありません(北海道に行ったことありません)が、五稜郭は幕府軍と維新軍の最後の戦いがあったところで有名ですね^^

by Loby (2009-10-16 22:30) 

ゆき

海軍の建物がかわいい~♪
by ゆき (2009-10-17 07:46) 

青い鳥

沢山の写真と共に、ベレーンのご案内を有難うございました。
アヒル料理、美味しそうと思いましたが、
ペッパーソースをかけて食べないといけないのでは・・・辛そうですね。
ビールをあまり飲めない私にはビールで辛さを中和させるのは無理かも…
by 青い鳥 (2009-10-17 10:43) 

me-co

よ、ィ夜のピラニア・・・
怖いですぅ><;
by me-co (2009-10-17 13:13) 

Loby

kotobukiさん、ご訪問&niceありがとうございます。

by Loby (2009-10-18 09:41) 

Loby

y-tanakaさん、ご訪問&niceありがとうございます。
by Loby (2009-10-18 09:42) 

Loby

いとおさん、ご訪問&niceありがとうございます。
by Loby (2009-10-18 09:43) 

Loby

ゆきさん
nice&コメントありがとうございます。
あの建物はモダンですね^^
by Loby (2009-10-18 10:11) 

Loby

せつこさん
ご訪問&niceありがとうございます。

by Loby (2009-10-18 10:12) 

Loby

ほりけんさん
ご訪問&niceありがとうございます。
by Loby (2009-10-18 10:17) 

Loby

青い鳥さん
nice&コメントありがとうございます。
あひる料理はビールで中和しなくても味わえます。
かえってその方が本当の味を楽しめるかも?
でもLobyはうまいCERPAビールとともに味わうのが
ヤミツキになっただけです^^
by Loby (2009-10-18 10:21) 

Loby

GRANさん
ご訪問&niceありがとうございます。
by Loby (2009-10-18 10:22) 

Loby

okin-02さん
ご訪問&niceありがとうございます。
by Loby (2009-10-18 10:23) 

Loby

xml_xslさん
ご訪問&niceありがとうございます。
by Loby (2009-10-18 10:24) 

Loby

me-coさん
陸のピラニアは怖~いですよォ (^^;
by Loby (2009-10-18 10:41) 

おりおん星人18号

ははは…イメージってありますよね。
ブラジルって確かに、ワニとピラニアですね。
私が住んでいる北海道も、他の人から言わせると
熊に気をつけてね…ですが、普通の生活をしていると
めったに遭遇することはありません。
ベレーンの街並み、とても綺麗ですね。
そして、のんびりとしていそうです(*^_^*)
by おりおん星人18号 (2009-10-20 12:03) 

camel

はじめまして。
久しぶりにベレーンで検索したらこちらに行き着きました。

実は小学生の頃ベレーンに住んでいたことがありまして、
楽しく拝見させていただきました。

ベロペーゾとか要塞とか懐かしすぎますね。
ツクピーは正直苦手でしたが・・・。

私にとっては第2の故郷ですから、
またいつか訪ねてみたいものです。

貴重な写真をありがとうございました。
by camel (2010-03-16 10:17) 

Loby

≫camelさん、ブログ訪問&コメントありがとうございます!
子供の頃、ベレーンにお住まいだったのですね^^
ベルオペーゾは最近は近代化(?)して瀟洒な白いテントが並んでいますけど、売っているものは昔と変わらないようです(亀の石鹸とか...)
これからもよろしくお願いします<(_ _)>
by Loby (2010-03-18 00:31) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。